フリーエンジニアのための青色申告サポート

フリーエンジニアの確定申告。青色申告と白色申告は何が違うのか

カテゴリ一覧

フリーエンジニアの青色申告と白色申告

フリーエンジニアとして確定申告をする際に、青色申告と白色申告という2種類の方法から選ぶことができます。青色申告を希望する場合は、決められた期日までに「所得税の青色申告承認申請書」という書類で届け出なければなりません。青色申告申請が間に合わなかった年は、白色申告で届け出ることになります。では、青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリットについて紹介していきます。

青色申告とは?メリット、デメリット

青色申告とは?メリット、デメリット フリーエンジニアとして確定申告をするなら、節税効果の高い青色申告がおすすめです。認められる控除や経費が多く、そもそも仕入や原価が小さく利益率が高いフリーエンジニアにとって、利用するメリットは大きいでしょう。従来は、白色申告に比べて、複式簿記での帳簿管理など、事務処理面での負担が大きくなるというデメリットがありましたが、2014年分の確定申告から白色申告者にも帳簿記録が義務付けられることとなり、白色申告を選ぶメリットはほとんど無くなります。青色申告を希望する場合は決められた期日までに承認申請を提出しておく必要がありますので、開業届の提出と同時に手続を済ませておくと良いでしょう。

白色申告とは?メリット、デメリット

白色申告とは?メリット、デメリット 青色申告と白色申告を比較した場合、白色申告の良いところといえば、帳簿の方式です。2013年分の確定申告までは、所得(収入から経費や控除をひいた課税対象額)が300万円以下の白色申告者なら記帳義務がありませんでした。課税対象額が小さいということは所得税額も低いため、手間の面で白色申告の方がメリットが大きい場合も多かったのです。しかし、2014年分の確定申告からは記帳義務がなかった白色申告者も記帳が義務付けられることとなっています。ただし、記帳方式は単式簿記という簡易的なもので良いとされているため、青色申告の複式簿記に比べると手間が若干軽減されます。

フリーエンジニアのための青色申告と白色申告の比較

フリーエンジニアのための青色申告と白色申告の比較 確定申告とは、年間の所得税の納付額を確定させるための手続きです。確定申告書類の作成内容によって所得税額は変わります。まずは経費と控除をきちんと申告することによって、節税することができます。「経費」については大体想像がつくと思います。それに対して、耳馴染みのないのが「控除」でしょう。控除とは、税額を平板化するために一定の条件を満たした場合に課税対象額から差し引くことが認められる制度を言います。医療費控除や配偶者控除など、様々な種類の控除があります。これら控除のうち、青色申告者だけに認められる、「青色申告特別控除」というものがあり、最大で65万円を課税対象額から差し引くことができます。

おすすめ記事一覧

Copyright © 2014 フリーエンジニアのための青色申告サポート All Rights Reserved.