フリーエンジニアのための青色申告サポート

どんぶり勘定?白色申告とは

カテゴリ一覧

白色申告とは?メリット、デメリット

白色申告とは?メリット、デメリット

白色申告とは、青色申告を行わない人が用いる原則的申告方法で、税法上認められた控除などの特典がないか、少額となります。
節税効果はありませんが、所得が300万円以下の人は記帳義務がなく、確定申告で用意する書類が少ないなど、事務作業が簡単になるといったメリットがありましたが、それももう過去の話となりました。

どんぶり勘定でよかった

冒頭で説明した通り、所得が300万円以下の人は、記帳の義務がありません。所得というのは、売上から経費を引いた金額のことを言います。
例えば、売上が500万円あったとしても、経費で200万円以上かかっていれば記帳せず、確定申告ができるということになります。銀行口座の入金明細から売上を集計し、領収書を合計したものを経費とすれば、どんぶり勘定で所得の計算ができるのです。しかし、これも過去の話となり、平成26年からは、所得が300万円以下の人でも記帳と帳簿の保存が義務付けられます。つまり、事務作業が簡略化できるという白色申告の最大のメリットが無くなってしまうことになります。

青色申告するには届け出が必要

フリーエンジニアの中には、確定申告が楽なことから、長年白色申告にしていた人も多いのではないでしょうか。しかし、前述のとおり、もう白色申告におけるメリットが無くなる今、早急に青色申告に切り替える準備をするべきです。というのも、青色申告は白色申告と違い、事前に税務署へ届け出が必要になるため、年末になってから今年は青色にしようと思っても遅いのです。具体的には、その年の3月15日までに管轄の税務署へ青色申告承認申請という書類を提出しなければなりません。なお、この手続きは、住所や氏名などを記載するだけの簡単なものですので、手ぶらで行ってもすぐに申請が完了します。

唯一の違いは記帳方法?

白色申告でも記帳が必要になりますが、青色申告との違いは、その記帳方法にあります。
青色申告では、複式簿記という簿記の資格を持っていなければ記帳することが困難な方法でなければなりませんが、白色申告では300万円を超える場合であっても、単式簿記でよいことになっています。単式簿記とは、家計簿やお小遣い帳のようなもので、お金の入りと出が日付と共に把握できればよく、簿記の知識が無い人でもエクセルなどで簡単に作成することができます。
制度が変わってしまっても、そもそもの売上が少ないフリーエンジニアの人であれば、白色申告の方が事務作業が簡単で、税理士などの費用も発生しないことからメリットがあると言えるでしょう。しかし、将来性などを考えると、青色申告の方が節税メリットが大きいため青色申告にすることをおすすめします。最近では、簡単に帳簿付けができるソフトやクラウドシステムも普及していますので、あまり高いハードルにはならないでしょう。

おすすめ記事一覧

Copyright © 2014 フリーエンジニアのための青色申告サポート All Rights Reserved.