フリーエンジニアのための青色申告サポート

青色申告は白色申告よりどれくらいお得なのか比較してみました

カテゴリ一覧

フリーエンジニアのための青色申告と白色申告の比較

フリーエンジニアのための青色申告と白色申告の比較

フリーエンジニアは、税務署に簡単な開業届を提出するだけで、個人事業主として事業を行うことができます。個人事業主になると、サラリーマン時代では会社がやってくれていた納税に関することも全て自分で処理しなければなりません。
納税するためには、納税額を確定させなければなりません。納税額を確定させるためには、課税所得という、納税の対象となる所得金額を確定させることが必要になります。それら一連の作業を確定申告といいます。

課税所得とは

課税所得は、売上から経費を引いた所得から更に各種控除を引いた金額のことをいいます。この課税所得の金額に所定の税率を掛けたものが納税金額となります。
控除とは、ある金額から一定の金額を差し引くことをいい、確定申告には様々な控除項目があります。「所得の中の、一定金額は納税の対象外になりますよ」といった割引サービスのようなものとも言えるでしょう。以上のことから、控除項目や控除金額が多ければ多いほど、納税額は少なくなり、節税効果があります。すなわち、お得になるのです。

控除項目の違い

それでは、白色申告と青色申告との控除項目を比較してみましょう。
まず、青色申告をするとそれだけで10万円、又は65万円の控除が受けられます。青色申告では、簡易簿記と複式簿記の2種類の記帳方法があり、簡易簿記の場合は、10万円の控除。複式簿記の場合は、65万円の控除となります。簡単に言えば、複式簿記の方が難易度が高い分、控除額が高くお得になるということです。その他にも、赤字の繰り越しや専従者控除など、青色申告にしか無かったり、金額が高いものがあります。
このことから、一般的に青色申告の方が白色申告よりもお得である。すなわち、同じ所得であっても納税額が少なく済み、節税になると言われる所以なのです。

直接の納税額以外にも違いがある

前述のとおり、控除項目と控除金額が多ければ納付する税金の金額が少なくて済むことがわかりました。実は、納税額が少ないと他にもメリットがあります。それは、フリーエンジニアなどの個人事業主が加入している国民健康保険の保険料です。
国民健康保険料の納付金額は、前年度の住民税の金額を元に算出されます。そのため、納税額が少なくなれば翌年の国民健康保険料が安くなるという二次的なメリットもあるのです。
フリーエンジニアでは、毎月の収入が安定しない場合も少なくないため、国民健康保険料も意外と負担になる場合があります。少しでも負担を減らすためにも、節税対策をすることは大切なことなのです。

おすすめ記事一覧

Copyright © 2014 フリーエンジニアのための青色申告サポート All Rights Reserved.