フリーエンジニアのための青色申告サポート

青色申告の特典とは?

カテゴリ一覧

青色申告とは?メリット、デメリット

青色申告とは?メリット、デメリット

フリーエンジニアは、個人事業主となるため、必ず確定申告をしなければなりません。確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2つの方法があり、両者にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
青色申告をするためには、予め管轄の税務署に、「個人事業の開廃業等届出書(開業届)」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出して置かなければなりません。青色申告は、複式簿記で記帳しなければならないなどハードルが高い代わりに、次に挙げるようなメリットもたくさんあります。最近では、会計ソフトを利用すれば簡単に提出用の書類が作成できるので、昔ほどハードルが高いとは言えないでしょう。

青色申告特別控除

青色申告特別控除とは、複式簿記と用いて記帳を行い、賃借対照表や損益計算書などの必要な書類を添付することで65万円の控除が受けられる仕組みのことです。白色申告の場合は10万円しか控除されないので節税効果は大きいでしょう。
ただし、開業日から2か月以内または、青色申告の適用を希望する年の3月15日までに申告承認申請の届け出を行う必要があるので、注意が必要です。

青色事業専従者給与

家族に対して支払った給与を経費として計上できる制度が、青色事業専従者給与です。仕事をしている期間や年齢など一定の要件はあるものの、常識的な金額内で給与を経費にすることができます。
配偶者特別控除や扶養控除の対象外となってしまいますが、38万円以上を計上するのであれば控除額が増えるので節税になります。

赤字の3年繰り越し

文字通り、赤字を最大3年間繰り越すことができる制度です。
例えば、1年目の利益が100万円の赤字で、2年目に100万円の黒字だった場合、2年目は1年目の赤字分である100万円が繰り越されるため、所得税を納付しなくても良いということになります。長いスパンで事業計画を立てるような業種の場合は、とてもメリットがある制度です。フリーエンジニアでは、コンピュータ関係の機材を仕事用として購入する場合も多いと思います。それらは、高価なものも多いので、どうしても初年度は黒字化するのが難しいこともありますが、この制度を使えば2年目以降に赤字分を繰り越せるので次年度以降の節税になります。

減価償却の特例

通常、10万円以上の資産は、償却資産と呼ばれ、購入額を定められた期間(これを耐用年数という)に分けて経費として計上する仕組みになっています。青色申告では、「少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例(措置法28の2)」により、10万円以上30万円未満の資産を、その年に全額を経費として計上することができます。
合計額に制限はあるものの、売上に波があるフリーエンジニアには、数年に分けて経費処理することがマイナスになる場合もあります。
儲かっている年に、資産を全額経費にできたほうが節税効果が高い場合も多いのです。

おすすめ記事一覧

Copyright © 2014 フリーエンジニアのための青色申告サポート All Rights Reserved.